バイト採用でお祝い金がもらえる?

自分のバイト時代にはこんなサービスありませんでしたね。便利な世の中になったものです。

↓↓ 祝い金の仕組みを知りたい方はクリック ↓↓
ジョブセンス

コンビニでバイトして良かった?

大学の3年間、コンビニでバイトして良かった?

 

まず、結果から。

 

僕は大学で約3年間コンビニでバイトしたわけですが、数ある中からアルバイト先にコンビニを選んで良かったか?

 

はい、良かったと思っています。

 

 

コンビニでバイトして何が良かった?

 

これは色々あるので、箇条書きで書いてみます。

 

  • 学部・サークル以外のバイト仲間ができた。
  • 合コンなどのツテができて大学生活エンジョイに役立った。
  • 廃棄寸前の弁当・パンなど、学生の自分には時給+αのメリットがあった。
  • 自宅から近かったので時給的にも悪くはなかった。
  • コンビニの仕組みがわかった = 社会勉強になった。
  • 意外と仕事が幅広いので、他の仕事をする際に役立った。

 

一つ一つちょっとずつ解説していこうと思います。

 

 

コンビニバイトで1番良かったことは?

 

1番大きいのはやっぱりバイト仲間ですね。
遊んだり、合コンなんかも誘ってもらったり、開催してみたり。

 

もちろんこれはコンビニのバイトに限りませんが、ハズレなかったという意味で良かったです。
まあ同じコンビニでも同じ時間帯に入る人にもよりますし、長く続けるかどうかでも変わるし、人ぞれぞれでしょう。

 

詳細は別ページに書きましたので参考にしてください。

 

 

皆狙う?コンビニバイトの副収入

コンビニでバイトするとなると、次から次へと出る新商品を食べれるメリットは大きいですよね。

 

僕の場合、賞味期限の短い廃棄前の弁当やパンが食べれるコンビニだったので、バックいっぱいに持ち帰って冷凍して食費の足しにしていました。
※当時の話ですし、同じセブンイレブンでも店長の方針によります。
※廃棄食品をアテにするなら事前調査が必要です 笑

 

 

コンビニバイトを家庭教師と比較して

家が近ければ往復のロスが少ないので、意外と時給も悪くないです。

 

というのは、僕は途中から家庭教師もやり始めましたが、時給が2000円でも往復に1時間以上かかったり、1回あたり2時間もバイトさせてもらえなかったり。

 

ドアtoドアが3時間で、1..5時間=3000円のバイト代だと、実質の時給は1000円になっちゃいますよね。
働いている時間は1.5時間だから楽は楽ですが、比較しても悪くなかったなぁと。

 

特に深夜のコンビニだと時給も高くなるのと、1回あたりに入れる時間も長いので、週1回でも月に3〜4万円のバイト代を稼ぐことができました。
家庭教師で3〜4万円稼ごうと思ったら週2〜3回はバイトを入れないといけません。

 

 

コンビニでアルバイトすると社会勉強になる

僕は、コンビニ以外でも以下のようなアルバイトをしました。

 

大学院への進学学費を貯めるために、1年間休学したのもあって、普通の人より少し多いほうだと思います。

 

中学・高校時代にしたアルバイト
  • 近所のスーパーの抽選会の受付(年末年始のみ)
  • 親の仕事の手伝い(肉体労働)
大学初期にしたアルバイト
  • コンビニ(セブンイレブン日中)
  • 家庭教師
大学休学中にしたアルバイト
  • 家庭教師
  • コンビニ(セブンイレブン別店舗で深夜)
  • ファミレス(ココス)
  • 福祉施設で子供の相手をする・夜回りする
  • 図書館での書物データ入力(短期間)
  • 車の研究の被験者として運転する(短期間)
  • 新薬の被験者
大学後期にしたアルバイト
  • 家庭教師
  • ポスター・パンフレット制作
  • 研究の被験者(反応テストのようなもの)
おまけ:社会人での仕事
  • SE→広告関係

 

いやー我ながら結構いっぱいの種類のアルバイトをしましたね。
そんな中でコンビニはたぶん1番幅広い仕事に関係したと思います。

 

10以上年前の当時で、今思い出すだけでもこんな仕事をしてたと思います。

 

  • レジ
  • 検品・品出し・整理・倉庫/冷蔵庫管理
  • 商品伝票の管理
  • 掃除・ゴミ出し
  •  

  • 宅急便の受付
  • 通販のコンビニ受取対応
  • コピー機のエラー対応
  •  

  • おでんの仕込み・販売
  • 肉まんの仕込み・販売
  • フランクフルトの仕込み・販売
  • アイス・ソフトクリームの販売

 

僕のバイトしていたセブンイレブンでは、商品仕入れの管理は店長一家がやっていたのでそこはノータッチでしたが、それでも色々とありました。

 

なぜコンビニでバイトすると社会勉強になるのか?

レジ1つをとっても、コンビニ=便利でなければいけないという使命あるがゆえにあらゆることに対応します。

 

決済方法もそうですし、ポイントなどもそう。あらゆるものに対応していきます。
宅急便をはじめとする、便利なサービスをとりいれれば窓口は全部レジになりますよね。
最近ではコンビニにレジ以外に端末が置いてありますが、アレなんかでも、使い方がわからない人はレジ担当者に聞いてきます。
そんなのしらねーヨと思いつつも対応しないといけません。
(だいたいは説明書き通りやればいいだけなんですけどね、きちんと読まずに聞いてくる人も多いわけで)

 

商品もずっと同じものを置いてあるなんてことはありえません。
セブンイレブン本部側では売上を伸ばすために次々と新しい商品を作るわけで。

 

四季の気候に対応して、おでんや肉まんを売るために、専用装置の扱い方を覚えなければいけません。

 

そんなの簡単じゃね?と思うかもしれませんが、接客サービスとして振る舞うには失敗は許されません。
肉まんをトングで掴んで落としてはいけません、力を入れて肉まんが凹んでもダメです。
おでんも入れたばかりのものが頼まれないように場所を調整、補充タイミングも客足を見て適切に投入しないといけません。

 

口頭で早口に大量に注文されて、1つでも種類を間違ったらクレームは当然。

 

夏になればソフトクリーム機の出番、クリームの巻き方もキレイにしないといけません。売り物ですので。

 

 

商品仕入れは天気予報やテレビ番組も考慮される仕組みが導入されています。
寒ければ温かいものを増やし、人気のテレビ番組で納豆の健康法が取り上げられれば納豆を多く注文しますし、逆にネガティブな情報が流ればその関連商品は撤廃して、違うものを置かないといけません。

 

限られたスペースで、世の中のありとあらゆるトレンドを追いかけて最適な配置で売ることを考えなければいけないという、ある意味ではすごいことだと思います。
もちろんその辺は店長の仕事であることが多いでしょうけど、バイトでもその辺を垣間見ることができます。

 

日経トレンディという雑誌で、昨年2013年のトレンドランキング1位は「コンビニ コーヒー」らしいですね。

 

コンビニってすごいんです。

 

バイトとして働くにはちょっと大変ですけど。
同じことだけやっていればいい他の仕事より、よほど勉強になった、というのが振り返ってみての実感です。

 

社会人になってからでも、ずっと客としてコンビニには行くし、家族友人仕事関係者、皆が行くコンビニの内情は、10年前のことでも話のネタになりますね。

 

コンビニでアルバイトしたい人はそういうことも頭の片隅に入れておくといいと思います。

コンビニでバイトして良かったのは僕だけじゃない

あんたはたまたま悪くないコンビニだったんじゃない? と思った方へ、するどいですね。
ハズレのコンビニで働いてしまうと大変です。

 

でも、30人にアンケートをとってみたところ、こんな感じでした。

  • 3人 : ◎ すごく良かった(他のアルバイトと比べても、このアルバイトにして良かった)
  • 20人 : ○ 良かった(このアルバイトにして良かった)
  • 5人 : △ 普通(他のバイトでも良かったかもしれないけど、悪くはなかった)
  • 2人 : × 悪かった(別のアルバイトをすれば良かった)
  • 0人 : ×× すごく悪かった(このアルバイトを選んで後悔している)

 

大多数は良かったと思っているようですね。

 

普段から通う範囲でアルバイト先を探す + 外からでもある程度仕事の様子がわかる

 

=下見ができる

 

ので、特に人間関係や客層が、他のバイトと比べて想像できるところが大きいです。

 

 

他の皆はどんな理由でコンビニを選んだのか?

 

次の3つの要因が大きいようですね。

 

  • 自宅や通い先の近くで働ける・・・26人
  • 色々な時間帯で働ける(融通がきく)・・・17人
  • 仕事内容が良さそう・・・6人

 

意外と廃棄弁当目当ての人は少ないようです 笑

 

 

ほとんどの人の近くにあって、時間も幅広くて、何度も下見ができる。
コンビニはかなり無難なバイト先と言えますね。